「カッパしゃいん」2004〜2016年

トヨタの社内報『クリエイション』(月刊)で連載した4コマ漫画で、河童がトヨタの社員として働くという、ある意味、シュールな内容。同じトヨタの依頼で描いた「赤ちゃんドライバー ハヤト」の好評を受けて連載だった。

 

大企業の社内報ということで、一般の漫画雑誌よりは規制も多く(当然)読者層も幅広いために苦労も多かったが、結果的に本社広報部の方や、スタッフの協力もあって2004年から2016年の12年間という長きに渡って連載される(初年度は表紙&冊子の中の二本立て)。

 

社内で作られたファンくらぶの会員数も1000人を超えていた。また、読者へのプレゼントとして缶バッジや鉛筆、ソフビ人形やトートバックも制作。鉛筆制作には、くぼ自ら下町の鉛筆工場を捜して制作依頼。ソフビ人形に至っては、原型師さん探しから始まり(原型は特撮系の著作も多い造形作家のヤマダ・マサミ氏に依頼)原型制作、その後の金型制作、ソフビ制作と、全て直接、依頼して制作をした。

 

10年分の漫画を一冊にまとめた単行本も

トヨタ広報部で制作されました(非売品)。

斬新!

初年度は表紙にも   

掲載されていた。斬新!

グッズ

[カッパしゃいんソフビ人形]

自主制作した100体限定ソフビ。ヘッダーも全て手作り。

BOOK

10周年記念で冊子になった[カッパしゃいん] 全ページオールカラー